少し遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

喪中だった為、三が日は実家で静かに過ごし、今日からまた再開します。

2020年になりましたね。今年は更に加速してチャレンジしていこうと思う。

とてもワクワクしている。

そこで2020年一発目は、『日本語教育』について話をしよう。

知っている方もいらっしゃるかと思うが、

僕は2019年4月から日本語教師資格を取得しに学校へ通っている。

今年の3月末で卒業予定。上手くいけばだが…(笑)

2016年度で国内での日本語学習者は約22000人ほどで、日本語教師は約38000人ほど。

年々、国内での日本語学習者も増えている。

『みんなの日本語』

・みんなの日本語 初級Ⅰ

みんなの日本語 初級I 第2版 本冊

・みんなの日本語 初級Ⅱ

みんなの日本語 初級II 第2版 本冊

日本語教師資格って何をするのかというと、

日本語を学ぶ外国の方に一から日本語を教える資格。

助詞だの、動詞だの、イ・ナ形容詞だの、本当に一から教えるのである。

周りの仲間が優秀な中、頭が悪くアホな僕は、毎回授業についていくのがやっとこさ。。

感覚で生きてきた人間には形容詞や接続詞とか言われても理解するのが大変。。

まあ、授業がスタートしてすぐにもうこれは開き直ってやるしかないと思い、そうしている…(笑)

しかし、こうして一から日本語を学ぶと自分が普段使っている日本が間違っていたり、

テレビのテロップが間違っていたり、新聞の文面が間違っていたりと

皆間違って使っているなと気づかされる。

とても気づきが多いなという印象。

普段の使い方から修正出来るからとても自分のためになっている。

なぜこうして日本語を学ぼうかと思ったかというと、

良く海外に行くと、これは日本語でなんと言う?とか色々と聞かれることがあり、

教えているうちに皆と仲良く楽しく教えていた自分が居たから。。

そしてやはり自分の夢、スクールを建てたいという想いがあるからである。

そこでまず今何が出来るのか考えた結果、母国語の日本語をしっかりと学ぼうと思ったのだ。

どんなことを教えるのかというと、、

『みんなの日本語 初級Ⅰの第1課』

あなたはマイクミラーさんですか?

はい、私はマイクミラーです。

こんな感じ。。

初級の最初はひらがなを一から。

これ、日本人なら当たり前に分かっていること。

でもこれを実際に外国の方に教えるのである。

最初、え?と思ったが、僕らが中学の時、英語を一から学んだ時と一緒だなって。

これがまた教えるのがとても難しい。

教えるのはもちろんのこと、学生を楽しませなきゃいけない。

日本語を日本語で説明したら全く理解されなかったりと考えなきゃいけないことが多い。

試行錯誤して、模擬授業の準備をして、それを実際に模擬授業で実践する。

そして答え合わせ。。

たくさん失敗して、また試行錯誤して。。

ホント、人生と一緒だなって。。

こうして大人になってから再度学校へ通い、勉強をするということがとても楽しい。

日々勉強だなとつくづく思う今日この頃。。

昔から人前に立ったり、話したりするのは好きな方だったのでそんなに苦でもない。

今月から教育実習に入る。

実際の外国の方の前で教える授業が最後にあるのだが、とても楽しみでワクワクしている。

日々少しずつ頑張ろう。。

これから日本語についても少しずつブログで紹介していこうと思う。。

皆さんに役に立つことを。。

2020年1月4日 21:00

Shunsuke Haruta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です