大田黒公園紅葉のライトアップ『銀杏並木の参道』

今日は僕の仕事のひとつ、屋外ライトアップのことを少し。。

2019年秋、大田黒公園紅葉のライトアップ。

今年もLight Greenとしてデザインから施工管理まで関わらせて頂いた。

大田黒公園は、音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地に杉並区が整備した回遊式日本庭園である。

園内中央にある建物の裏側にある井筒より水が流れ、次第に幅を広げて、池に注ぎ込まれる。

閑静な住宅街のひっそりの佇む、とても手入れが行き届いた素敵な庭園である。

『鏡』
『鏡』
重なり合ったモミジの葉っぱがシルエットになってとても綺麗

もうかれこれこの庭園に関わって4年目。

僕が手掛けるようになって2年目になる。

僕がやるべきこと、クライアントの意見を入れつつ、その意見を超える仕事をすること。

そして僕が追い求めるもの、それはものの良さを最大限引き出した照明。

四季が織りなす自然の素晴らしさを、照明で引き立たせる仕事こそが僕のやるべきことである。

既にモミジの葉っぱで素敵に色づかれているからそれを引き立たせるだけでいい。

紅葉はこれで十分であると、僕は思う。

日本人のみならず、外国籍の方に日本の素晴らしさ、奥ゆかしさ、儚さを

このライトアップを通じて、伝えられたらと思っている。

『門』
『影』
幹のシルエットが葉っぱのグラデーションがとてもそそられる。。

おかげさまで、評判も良く、年々来客者数も伸びていて、

土日になると通路が通れなくなるくらいいっぱいのお客様である。

今年も地域住民の方、若い方、そして外国籍の方が多くいらっしゃって楽しんで頂いていた。

そして何よりとても嬉しかったことがあった。。

それは、、

勝手に撮って、使ってすみません。。

こうして子ども達が『影絵』の前で写真を撮られている姿がとても微笑ましく、嬉しかった。

こうやって少し遊び心を出した照明も織り交ぜている。

いつかこうやって子どもたちと一緒に何か作れたらなって思う。

来年があれば、参道でもう少し遊びを入れた照明をするつもり。

『月と紅葉』
『大田黒公園

まだ見たことない方、是非今度昼までも遊びに行ってみてないかがだろうか。。

2019年12月19日 23:00

Shunsuke Haruta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です